自宅ではレノボのThinkPadキーボードを愛用していたのだが、気がついたらEnterキーの辺りがおかしくなってしまった。具体的には、Enterキーを押下しても数回に一回くらいの頻度でしか効いてくれないという、なかなか切ない状況。というわけで、代替キーボードを探してみたのだが、とりあえず小さいものであればいいやってことで、Amazonで安売りしていたこともあってBuffaloの「BSKBU13」を買ってみた。

…届いてみると、確かにコンパクトなのだが、キーピッチ(キートップのサイズ)が小さすぎた。普通の…というか、よく見るキーボードは19mmちかくだが、「BSKBU13」は17mm。単純に小さい。普通のキートップのサイズになれてしまっているとどうも打ち間違えてしまう(まぁ、慣れでなんとかなる世界はかなりあるんだろうとは思うけど…)

あと、なかなかツラいのはEnterキーが小さい。どうしてもコンパクトキーボードは無理矢理に詰め込んでいるので、必然的にしわ寄せはフツーのキーボードだと割と大きなEnterキーに来てしまう。要するにEnterキーが小さいのだ。Enterキーが小さいとどうなるかというと、本人はEnterキーを押下しているつもりなのだが、気がついたら閉じかっこ(」)を入力してしまっていることが多い。TeraTermだと、コマンドを入力して実行するつもりでブラケットを入力してしまうことになるので、これはなかなか切ない。

こればっかりはちゃんと確認しなかった私が悪いので、「BSKBU13」のことはすぱっと忘れることにして、次はサンワサプライの「SKB-SL18BK」を試してみることにした(これもAmazonde安く販売されているので、なかなかドキドキするけれど…)キーピッチも19mmだし、多少はEnterキーも大きそうだ。はてさて、私のキーボードはどうなることやら。ただ、買い直して、結局、2台のキーボードを買うことになっても、総額ではレノボのThinkPadキーボードを買うよりは安く上がりそうなので、サンワサプライの「SKB-SL18BK」がイイ感じなら良しとしたい。