ただのにっき。

ただつらつらと日記が書かれていくようです。

Tag: kindle

Kindle Paper Whiteのバッテリーの減りが早くなった

KindleのPaperWhiteを使っているが、最近、めっきりバッテリーの減りが早くなってしまった。いや、早くなったどころの騒ぎではなく、満充電してあったはずなのに1日も経過しないうちにバッテリーのインジケータが残念なくらいにゼロに近づいてしまっていた。

最初は、そろそろ壊れたかなぁと思ったけれど、一応調べてみると、なんとなく何が起こったかわかったような気がする。

自炊したPDFをKindleで読もうと思って、KindleをWindowsマシンにUSBケーブルでつないでPDFをコピーしたのが原因っぽい。しかも、そのPDFは、Calibreで極めて雑に作ったPDFであった(汗)

推測ではあるが、Kindleはストレージに置かれたファイルをドキュメント一覧に並べるべく中身を解析しているインデクサのようなプロセスが動いているのではないだろうか。今回、私がKindle PaperwhiteにコピーしたPDFをインデクサが解析できなくて、ずっと延々と読み続けていたんだろう。そして、バッテリーの残量が少ない時にはインデクサが停止するような保護機能があったから、めちゃくちゃ早くバッテリーが減るけれどバッテリー切れにはなっていないという事態になったのではないかと思う。

ま、雑に作ったPDFをKindleから削除してしまえば、きっと解消するんだろうなと思ったけど、そろそろ既読のドキュメントも溜まっていたので、一旦、Kindleをリセットしてまだ読んでない本をAmazonのクラウドからダウンロードすることにした。リセットしたせいか、問題のPDFが消えたせいか、判然とはしないものの、とりあえずバッテリーがすごい勢いで減るという事態は解消できている。

お、「Kindle Fire HD 8.9」とな。

Amazonからメールが来てて、Kindle Fire HDの新しい端末、「Kindle Fire HD 8.9」ってのが新発売されることを知った。うーむ、8.9インチの画面ってのは、なんかこうGoogleのNexus10と、Nexus7の真ん中くらいのサイズなので、Nexusシリーズを意識してるのかなぁという印象*1。値段は16GB版で24,800円なので、これも真ん中くらいではあるけれど、Nexus10よりはお買い得感があるけれどなぁ…。

NexusシリーズがGPSを搭載しているのに対して、Kindle Fire HD 8.9はGPSが搭載されていないっぽいので、外でGoogleMapのような位置情報を参照するようなアプリケーションを使うなら、Kindle Fire HD 8.9よりはNexusシリーズの方がアドバンテージがありそうかな。ま、NFCについても同様なので、家の中でしか使わないようなユースケースならどっちでもいいけれど、外に持って行くならNexusシリーズの方が便利かもしれない。

ちょっと気になったのは、Kindle Fire HD 8.9のメインメモリのサイズが書いてなさそうなところ。Nexus10は2GB、Nexus7は1GBって書いてあるけれど…Kindle Fire HD 8.9ってどうなんだろう。でもまぁ、個人的には、普通の用途では1GBも2GBもそう大きく変わらないんじゃないかという気がするけれど。

その他のCPUや液晶については、使ってみないとわからないかなぁという印象。ただ、なんとなく、CPUのコアの数については、ちょっと使用感に影響を与えるかもしれないなぁ…という気はしないでもない。

Kindle Fire HD 8.9 16GB
Kindle Fire HD 8.9 16GB

posted with amazlet at 13.02.27
Amazon Digital Services, Inc – JP (2013-03-12)
売り上げランキング: 10,304

*1:ただ、Amazonのサイトには、iPadとKindle Fire HD 8.9との比較が載ってたけど…汗