ただのにっき。

ただつらつらと日記が書かれていくようです。

Tag: iOS

iOSアプリ開発のためのOTAでSSL必須ですとな。

Appleが突然何か仕様や設定を変えたことで、悲鳴が上がるというのは珍しいことでもないと思うけど、今度は、iOSアプリの開発現場で悲鳴が上がったらしい。

iOS7アプリ開発者の悲鳴にGMOが神対応、SSL無償提供開始 【@maskin】より

事の発端は、iOS7.1アップデートにより、開発中のアプリの配布方法に制限が出たことによるもの。

 開発者は、開発中のアプリをテストするための(AdHoc版の)ファイルを、ケーブルで端末に転送したり、サーバーに配置してインターネット経由で配布(Over the Air=OTA)するのが常。

 特に後者のOTAは、チーム全員や関係者に配布するために必須の方法だった。

 ところが、iOS7.1をインストール/アップデートした端末からは、SSL証明書を使用したサーバーからでないとダウンロードできない仕様に変更され、それまでのOTAの方法が使えなくなってしまった。

iOS7.1にアップデートしたら、開発用に使えなくなるなんてなかなかシビれるなぁ。事前に「iOS7.1にアップデートしたら、OTAするのにSSL証明書が必要ですよー!」ってアナウンスをして欲しいような気がするが…ま、Appleに期待しても無駄なんだろうけど。

それで、GMOのGlobalSignがSSL証明書を無償発行して神対応らしいけど…ま、そんな開発用の端末でしか使わないSSL証明書なんて、安物で十分な気がする。例えば、RapidSSL*1なんて年額2,100円で証明書を発行してくれるから、無償だけど短期間なGlobalSignを使うよりもいいかもしれない。で、RapidSSLの証明書はこちらで日本語のUIで買える。

しかしまぁ、iOS7.1以前に共用型のレンタルサーバとかを開発用に使ってたりすると、SSL証明書は安く手に入っても証明書をインストールできなかったりするから、iOS7.1以降は、さくらインターネットのVPSとかを使って開発用のサーバを立てて、そこに激安SSL証明書を入れてOTAするって感じだろうか。

…ふと、思い出したけど、OTAするだけなら、さくらインターネットのレンタルサーバなら利用できる、ワイルドカードな共用SSLでも充分なのか…(遠い目)

*1:一応、ジオトラストがやってる格安SSL証明書発行サービス

iPhone5sのカラーバリエーション

各キャリアからiPhone5sとiPhone5cが発売されたものの、どうやら、iPhone5sのカラバリは3種類用意されているものの、ゴールドとシルバーについては在庫がほとんどないらしく、”スペースグレーならあります”状態らしい。

iPhone 5s「シルバー」「ゴールド」入手困難 入荷めど立たず」によると、

米アップル社製スマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone」の新機種「5s」と「5c」が20日午前、携帯電話3社から発売されたが、上位機種の「5s」については、品薄であるうえ、3色から選べるはずの本体色は黒(スペースグレー)に限られている。販売店によると、当面、金と銀は入荷のめどが立たないという。

そういえば、iPhoneのホワイトモデルが始めて出るときに、フラッシュ…というかライトを付けて写真を撮ると、うまく撮れないという問題があって、しばらくの間、ホワイトモデルが出荷されていなかったような気がする。もしかして、今回もそういう問題なのか…という気がしないでもないが、シルバーやゴールドといったカラーの端末が全くの0というわけではなさそうなので、製品自体に問題があって生産ができないって感じではなく、単にアップルがカラバリの需要予測を誤ったと見るのが正解だろうか。

iPhoneの充電が完了したら速やかにケーブルを外すべきか。

こんな記事を見つけた。

iPhoneの充電率が100%を超えたあとも電流は流れている? – いまさら聞けないiPhone

iPhone 5の電源をオフにして30分経過したたあとも0.2A前後の電流を測定できたので、電気的に接続された状態にあることは確かです。やはり、満充電後はすみやかにケーブルを外したほうが、バッテリーの早期劣化防止にはプラスだといえます。

ふむ、どうやら「充電完了後にiPhoneに電力が流れている」から、充電完了後に、すみやかにケーブルを抜いた方が「バッテリーの早期劣化防止」につながるらしい。

例えば、AppleのWebサイトにはこんなことが書いてある。

リチウムイオンバッテリー

大部分のリチウムイオンポリマーバッテリーの充電は、デバイスのバッテリー容量の80%まで高速充電した後、トリクル充電に切り替わります。

どうやら、80%以降は「トリクル充電」になっているらしい。

「トリクル充電」についてWikipediaには、こんな記載がある。

トリクル充電

トリクル充電(とりくるじゅうでん) は二次電池の自然放電を補うために、絶えず微小電流により充電する方法である。

いかなる状態であろうが、二次電池に充電することが電池の劣化に繋がるというのは確かだろうけどなぁ…。さくっと抜いて実際に使うまでに自然放電、ないし、スリープ時の消費電力でバッテリーの残容量が減るわけだから、それを考慮するとトリクル充電させてバッテリーの残容量を維持しといた方がいいような気がしないでもない。要するに、バッテリーの劣化を気にしてさっさと抜いて置いておいて、いざ使うって時に残容量が減ってたら、それはそれで切ないのではないか、と。

ただし、(Androidだとそうもいかないような気がするものの)iPhoneはスリープ時にほとんど電力を消費しない、自然放電も充分に少ないというのなら、それはそうなんだろうけど。