AMDのグラフィックカードを刺してるPCには、AMDのドライバーを導入するわけで、AMDのドライバーを導入すると「Catalyst Control Center」とかいろんなソフトが一緒にインストールされる。そのうち、「Catalyst Control Center」なんかは、定期的にAMDのWebサイトをポーリングしているのか、新しいドライバを見つけたら「Software Update」ってダイアログを上げてくれる。

まぁ、フツーのPCならアップデートの通知はありがたいけれど、環境によってはありがたくないケースがある。デジタルサイネージのように特定の画面を出しっ放しにするようなケースは、その画面の上に「新しいドライバがあるぜ!」って画面が出てくれても大してうれしくない、というか、出して欲しくない。

そこで、調べてみたところ、「Catalyst Control Center」の特定のバージョンまでは、「Catalyst Control Center」を開いて、「情報」の中にソフトウェアアップデートに関するメニューが用意されている。「設定」ってメニューがあるんだから、普通はそっちじゃないのか、と思うけれど、「情報」の中にこそっと隠されている(汗)そこで、設定を変更すれば、「Catalyst Control Center」の更新通知はでなくなるようだ。

で、まぁ、新しいドライバーが出てるからってことで、新しいドライバーを導入して、「Catalyst Control Center」の「情報」からソフトウェアアップデートに関する設定をチェックしようとしたら、さっきまであったはずのメニューがなくなってた(汗)更新通知は出るのか出ないのか…。

仕方ないので、色々調べてみたら、AMDがさりげなくサポートページにこんなことを書いていた。

AMD auto-update notification:
http://support.amd.com/us/kbarticles/Pages/AMDauto-updatenotification.aspx

AMD will be removing the auto-update notification functionality from versions of AMD Catalyst™ Control Center running under Windows Vista, Windows 7 and Windows 8, beginning in early 2013. Due to a minor security vulnerability in the auto-update notification, users are recommended to update to the latest AMD Catalyst™ driver release from the amd.com web site.

記事の日付が2012年12月で、2013年の早い時期に、AMDは「Catalyst Control Center」から、ドライバのアップデート通知の機能を落とす予定とのこと…なので、最近、ダウンロードしたドライバの「Catalyst Control Center」は既に落とされているってことだろう。というわけで、これからはドライバの更新通知のダイアログは出なくなるはずだ。

しかし、セキュリティの脆弱性が原因で機能を落としたってことは、これまでの「Catalyst Control Center」は、単に決められたURLに何にも考えずにアクセスして更新情報を取ってたんだろうか。そしたら、DNSスプーフィングなんかに対して脆弱性を抱えることにはなるんだろうけれど、それならそれでSSL使えばいいような気がするんだけど…AMDの書いているような、たいしたことない脆弱性ってなんだろうなぁ。…もしかして、もろもろ考えて面倒になったのか(汗)