ただつらつらと日記が書かれていくようです。

カテゴリー: ITめいたこと (1ページ目 (30ページ中))

MySQL5.7をyumでアップデートしようとしたらコケた

CentOS7が動いているサーバにMySQL5.7をOracleのレポジトリからyumでrpmを取得する形でインストールしてあったのだが、そのサーバでyum updateをかけたら、yumがエラーで止まった。

The GPG keys listed for the “MySQL 5.7 Community Server” repository are already installed but they are not correct for this package.
Check that the correct key URLs are configured for this repository.

…GPGが何やらおかしいとのこと。で、調べてみると、以前よりOracleのレポジトリで使っていたPGPキー、CentOS7だと/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysqlに置かれることになる、この鍵は有効期限が2022年2月16日までだったそうで、新しい鍵に切り替えられたらしい。

そんなわけで、古い鍵ではアップデートが出来なくなったようだ。だったら、新しい鍵をインポートしちゃえばいいってことで。

sudo rpm –import https://repo.mysql.com/RPM-GPG-KEY-mysql-2022

を実行すれば、今のレポジトリで使われている鍵がインポートされるので、yumのアップデートが普通に実行されるとのこと。

ただまぁ、前から2022年2月までの有効期限だったはずだけど、極めて最近になって発覚して、急遽、GPG鍵が新しいものになったようで…。

参考:
The MySQL GPG key seems to be incorrect
https://bugs.mysql.com/bug.php?id=106188

Changes in MySQL 8.0.28 (2022-01-18, General Availability)
https://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/8.0/en/news-8-0-28.html#mysqld-8-0-28-packaging

Kindle Paperwhite(第11世代)がフリーズ。。。

Kindle Paperwhite(第11世代)を購入して使っている。いまのところ、Kindle本は大丈夫そうではあるるが、夜間飛行のメルマガをKindleで読もうとするとページめくりができなくなってフリーズしてしまい、後は強制的にリセットするしかないようだ。うーむ。

一応、Kindle Paperwhite(第11世代)をフリーズさせるメルマガを、かつて使っていたKindle Paperwhite(第6世代)で開いてみても、やっぱりフリーズするので、まぁ、特定のメルマガのデータがKindleのファームウェアをフリーズさせてるんだろうなぁ。いやはや。

Rocky Linuxでphpをビルドしようとしたらonigurumaが見つからなかったけども。

Rocky Linux release 8.4でphp 7.4.23をソースからビルドしようとしたら、onigurumaが見つからなくてビルドが失敗。いろいろ調べてみると、onigurumaのrpmはインストールされているけれど、oniguruma-develがインストールされていないようだった。なんにも考えずにdnf install oniguruma-develとかやってもパッケージが見当たらない。

onigurumaをソースからビルドするのもダルいし、なんでonigurumaはあってもoniguruma-develが見つからないんだ…と思って調べてみると、Rocky Linuxではデフォルトでenableになっていないレポジトリにoniguruma-develがあることがわかった。

/etc/yum.repo.dのRocky-PowerTools.repoを開いて、enabled=0をenabled=1に変更。その後で改めてdnf install oniguruma-develを実行してみると、何事もなかったようにインストールすることができた。あぁ、なるほど。

Rocky LinuxのPowerToolsってレポジトリは、開発関係のツールやライブラリが入っているパッケージであるようで、EPELに入っていたようなものが入っているらしい。まぁ、とりあえず、enableにしておいてもよさそうなレポジトリということで。改めてPHPをビルドしてみたら、何事もなかったようにビルドできた。

nginx 1.19.6とlibressl 3.3.1でTLS1.3を使えるようにしてみる。

そういえば、libresslはTLS1.3に対応しているらしいが、nginxをビルドする際にlibresslを組み込んでみても、TLS1.3が有効にならないので、なんでかなーと思って調べてみたら、nginxをビルドする際にlibreslを組み込みつつ、以下のようなオプションを付ければTLS1.3が有効になるらしい。うーむ。

–with-cc-opt=”-DTLS1_3_VERSION=0x0304″

WordPressの裏側で使っているRedisへの接続をunix socketに切り替えてみた。

サーバーをいじりながら、WordPressの裏側でオブジェクトキャッシュをストアしてるRedisにTCPで接続してることに気づいた。WordPress…というか、php-fpmとRedisは同じサーバーで動いてるのになんでunix socketじゃないんだ。…というわけで、unix socketでの接続にしてみることにした。
続きを読む

« Older posts