ただつらつらと日記が書かれていくようです。

カテゴリー: ITめいたこと (1ページ目 (30ページ中))

Rocky Linuxでphpをビルドしようとしたらonigurumaが見つからなかったけども。

Rocky Linux release 8.4でphp 7.4.23をソースからビルドしようとしたら、onigurumaが見つからなくてビルドが失敗。いろいろ調べてみると、onigurumaのrpmはインストールされているけれど、oniguruma-develがインストールされていないようだった。なんにも考えずにdnf install oniguruma-develとかやってもパッケージが見当たらない。

onigurumaをソースからビルドするのもダルいし、なんでonigurumaはあってもoniguruma-develが見つからないんだ…と思って調べてみると、Rocky Linuxではデフォルトでenableになっていないレポジトリにoniguruma-develがあることがわかった。

/etc/yum.repo.dのRocky-PowerTools.repoを開いて、enabled=0をenabled=1に変更。その後で改めてdnf install oniguruma-develを実行してみると、何事もなかったようにインストールすることができた。あぁ、なるほど。

Rocky LinuxのPowerToolsってレポジトリは、開発関係のツールやライブラリが入っているパッケージであるようで、EPELに入っていたようなものが入っているらしい。まぁ、とりあえず、enableにしておいてもよさそうなレポジトリということで。改めてPHPをビルドしてみたら、何事もなかったようにビルドできた。

nginx 1.19.6とlibressl 3.3.1でTLS1.3を使えるようにしてみる。

そういえば、libresslはTLS1.3に対応しているらしいが、nginxをビルドする際にlibresslを組み込んでみても、TLS1.3が有効にならないので、なんでかなーと思って調べてみたら、nginxをビルドする際にlibreslを組み込みつつ、以下のようなオプションを付ければTLS1.3が有効になるらしい。うーむ。

–with-cc-opt=”-DTLS1_3_VERSION=0x0304″

WordPressの裏側で使っているRedisへの接続をunix socketに切り替えてみた。

サーバーをいじりながら、WordPressの裏側でオブジェクトキャッシュをストアしてるRedisにTCPで接続してることに気づいた。WordPress…というか、php-fpmとRedisは同じサーバーで動いてるのになんでunix socketじゃないんだ。…というわけで、unix socketでの接続にしてみることにした。
続きを読む

CentOS7のデフォルトのgccだとRedis6系がビルド出来なくなったので、新しいgccを使うようにしてみた。

いつもの如く、CentOS7を使ってサーバを構築していて、Redis6系をビルドしようとしていた。ソースをダウンロードしてきて、makeを実行するだけでビルドされるはずだったのだが、server.cのコンパイルでがーっとエラーが出てビルドがエラーで終了した。
続きを読む

さくらインターネットのレンタルサーバを申し込んで、速攻でドメインを追加しようとすると切ない。

さくらインターネットのレンタルサーバでレンタルサーバを申し込んだ後、そのサーバで使うドメインを追加しようとすると

「初期ドメインがDNSに登録されていません。しばらく後に設定してください」

ってエラーメッセージが返ってくる。
続きを読む

« Older posts