ただのにっき。

ただつらつらと日記が書かれていくようです。

Tag: S3

Amazon S3に有効期限機能とか。

どうやら、Amazon S3に有効期限機能が搭載されたらしい。

【AWS発表】 Amazon S3の有効期限機能の発表:
http://aws.typepad.com/aws_japan/2012/01/amazon-s3-object-expiration.html

端的には、S3に格納するオブジェクトに「寿命」が設定できるようになったということだろう。使ったら使っただけお支払いのクラウドサービスにおいては、「寿命」を設定できるのは、(オブジェクトがS3にあるだけで課金対象なわけで)なかなか役に立ちそうな機能であるなぁ、と思う一方で、この「寿命」を設定する機能を使って何ができるだろうと考えると、結構、難しいような気がしないでもない。

まず、なんというか、使いすぎ(ひっくり返せば、放置)を防ぐための保険としての「寿命機能」を使うのはアリだろうな、と思う。とはいえ、memcachedのような容量制限のキツいデータストアにおいては、短命な「寿命」でオブジェクトが消えていくことを前提にアプリケーションは作成できるが、もともと容量制限がないS3において、意味のある形で「寿命」が使えるかとなると…うーむ、という感じはする。

ぱっと思いついたのは、なんかのバックアップをS3に取るだけ取って、古いバックアップの削除については「寿命機能」に任せて、工数削減とか、かな。使えそうだけど、大した工数削減にはなりづらいような気がする。

AWSのS3を使ってみるテスト

特に意味はないけれど、AWSのS3ってどんなんだろうということで、なぜかデジカメに残っていた画像をS3にアップロードしてみて、imgタグで表示してみるというベタなことをやってみるテスト。

【むかし、このへんにAWSのS3にアップロードされた写真が貼ってありました】

呼び出されるたびに課金されるのは切ないような気もするけど、ファイルの冗長性とか諸々を気にしなくていいのはもしかすると楽なことなのかも知れない。