ただのにっき。

ただつらつらと日記が書かれていくようです。

Tag: ipv6

WN-AX1167GRをにAterm WG1200HP3に入れ替えてIPv6を使ってみた

先日、WN-AX1167GRでIPv6を使っていたら再起動に直面することを書いたが、やや頻繁に再起動するようになったような気がするので、さくっとリプレースすることにした。

買ってきたのは、NECの「Aterm WG1200HP3」。自宅のフレッツはIPoEに対応しているので、設定を「IPv6オプション」にすれば、後は機器を普通に入れ替えればよさそうだ。で、WG1200HP3の管理画面をのぞきながら、接続される様子をみていたが、接続時に何かを確認しながら接続しているというか、すんなり接続している感じではなさそう。

そういえば、biglobeがIPoEで提供しているIPv6サービスはいつの間にかリプレースされていて、旧サービスは日本ネットワークイネーブラーが提供していたが、新サービスの方はIPoEをbiglobeが自ら提供するようになったらしく。IPoEのサービスも日本ネットワークイネーブラーだけでなく、他の事業者も提供するようになったことで、サービス毎に接続シーケンスなどがビミョーに違うのかもしれない。もし、そういうことなら…その辺の差異を機器で吸収するのはあまり賢いやり方ではないような気がするんだけどな…いやはや。

しばらく使ってみたが、WG1200HP3は再起動してなさそうなので、WN-AX1167GRの頃よりも安定性は増したような気がする。

HW-02GにiijmioのSIMを刺したらipv6が使えた

秋葉原の中古屋さんで、叩き売られていたドコモのWiFiルーターの「HW-02G」を買ってきた。液晶パネルに貼ってあるフィルム(たぶん、出荷時から付いてる保護フィルム)や本体に傷が入ってるけれど、特に赤ロムでもなさそうだし…ってことで買ってみたらフツーに使えた。

手元にあったドコモのSIMはiijmioのもの。ささっとSIMを刺してAPNの設定。SSIDを設定して試しにiPhone6sを「HW-02G」に接続してみたら、ipv4のプライベートアドレスがDHCPで割り当てられていたが、よく見るとipv6なアドレスも端末に割り当てられていた。

まぁ、iijmioのSIMを古くないスマホに刺せば手に入るipv6な環境ではあるけれど、PCでつながるipv6環境を用意しようとするとフレッツ網にIPoEでipv6で接続して、map-eやds-lite対応ルーター(ちょっと高い)でデュアルスタック…ってのが高くはないけど低くもないハードルな気がしてたので、ちょっと試してみるくらいなら、「HW-02G」にiijmioのSIMで十分な感じがする。