CentOS7から、ntpdに代わって(…という割にはntpdも普通に使えるんだけども)chronyがNTPクライアント/サーバになったらしい。ntpdが普通に使えていたので、chronyの存在しならないままだったけど、ひょんなことからchronyの存在に気付いた…。

というわけで、備忘メモ。

インストールするとき

普通にCentOSをインストールするとchronyもインストールされてそうだけど、最低限のインストールを行うと入ってないこともあるようだ。

sudo yum install chrony

chronydの設定ファイル

CentOS7だと、/etc/chrony.confが設定ファイル。NTPサーバを指定する書き方はntpd.confとよく似ているけど、微妙に違う(そりゃ当然だ)

OS起動時に起動する/起動する

ま、普通にsystemctlに御願いする。

sudo systemctl enable chronyd

sudo systemctl start chronyd

NTPサーバとの同期状況の確認

以下のコマンドで概況を知ることが出来そう。今、同期に使っているサーバとズレを確認するコマンドはこんな感じ。

chronyc tracking

んで、ソースに指定しているNTPサーバとの通信状況を確認するには、こっちのコマンド。

chronyc sources

まぁ、こういうのも慣れなので、今度、CentOS7を使うことがあればntodではなくchronydを使ってみることにしよう。