ただつらつらと日記が書かれていくようです。

タグ: HDD (Page 2 of 4)

WesternDigitalの「WD10EADS」 の調子が悪そう。

ま、いつものことなのでどうしたってことでもないけれど、古いLinkStationに使っていた、WesternDigital製の「WD10EADS」が認識されなくなった。というか、動作音から察するにどうも上手くスピンアップしなくなったようであった。

まー、2009年に交換したドライブなので2年とちょっとでダメかーということで、素直に諦めてSeagate製のBarracudaを買ってきて、ゴニョゴニョしながらHDDを交換してファームウェアをインストールして、ひととおりLinkStationとして動く状態まで戻してみた。で、壊れたディスクと知りつつもそこから、データをレストアして、新しくなったLinkStationに書き戻すことにした。

USB-SATAアダプタを使って、Ubuntuマシンに接続してみたら、なんてことなくスピンアップ。正常に認識されて、SMB経由でNASにファイルが無事に書き戻された。…なんだ、別に壊れてないじゃん。

なんとなーく最初の故障と思しき症状の背景を考えてみた。まずは、HDD側の不良の可能性。ま、あり得なくはないものの、外に引っ張り出した途端に、普通にスピンアップしてデータを読み出せたのはどうなんだろう。確かに、Western Digitalが省電力を売りにして発売した「Cavier Green」シリーズの最初の方のHDDだから、自動ヘッド退避などでややこしいことをしているらしく、なんとなく故障しやすいHDDだろうというのは想像がつくのだが…。どうもなぁ…。また、LinkStationの方も、どうやら使っている電解コンデンサの寿命が短いらしく、コンデンサのアタマが膨らんじゃっているようなこともあり、そうなるとHDD周辺で何かが起こるらしい。そして、200円分くらいのコンデンサを秋葉原で手にして、ハンダゴテを使ってコンデンサを交換すると治るらしい。

しかし、LinkStationの電解コンデンサの不良があったとすると、新しいHDDに交換してもダメなはず、、、だけど、今のところ、SeagateのBarracudaは普通に動いているようにみえる。。どうもHDDもLinkStationも怪しい気がするが、それぞれを組み合わさないと自体が起きないようである。

とりあえず、LinkStationから引っ張り出したWestern Digitalの「WD10EADS」を少しテストしてみよう。なんかエラーが出てくれれば、RMAでシンガポールあたりに返却して終了にできるんだけども。

TimeMachine向けにWesternDigitalのCaviarGreenを買ってみた。

先日、思いつきでMacBook Airを購入してみたものの、よく考えたら、バックアップを取ってなかった。しかも、MacOSXには、Leopardから「TimeMachine」っていう秀逸ななバックアップツールが付属しているにも関わらずである。さて、「TimeMachine」でバックアップを取るか、と思い立ってはみたものの…手元にたっぷりと空き容量が余っているHDDなんてなかった(汗)とりあえず、さっさとバックアップを取りたいだけなので、できればお金をかけたくない。

うーむ。

そういえば、うちの古いLinkStationはHDDを換装してあったのでバックアップに使えるくらいの空き容量はあったのでNASに保存することの検討を開始。しかし、調べてみたら、LionからTimeMachineに仕様変更があったらしく、バックアップ先のNASがAFP(Apple Filing Protocol)3.3に対応している必要があるらしいことがわかった。AppleのTimeCapsuleとかならOKっぽいし、Buffaloの新しいNASもファームウェアアップデートなどで対応しているらしい。一方、ウチの古いLinkStationが対応しているはずもなく、NASにバックアップする試みは終了。(SnowLeopardあたりまでは、NFSが使えるNASにはTimeMachineでバックアップできてたらしいんだけどなぁ…)

もうちょっと調べてみたところ、FreeNASの8.0.1RCからAFP3.3に対応しているようだった。つまり、LinkStationに引導を渡して、FreeNASあたりで適当にNASを構築すれば、TimeMachineのバックアップ先NASとして使えるわけだ。うちにある使ってないPCというと、古いThinkPadしかないわけで…なかなかNASには使いづらい(ま、がんばってThinkPadをNASに使うとすると、CardBusにeSATAのカードでも指すとかする感じだろうか。それもチップが対応してないと終了っていう…なかなか厳しいパターンだ)。そんなわけで、TimeMachineに使える、新たなNASの構築プロジェクト終了。。。

結局、バックアップ用のHDDをMacBook Airに挿して、そこにTimeMachineでバックアップを取るのが手っ取り早いという結論に至った。当然、Thunderboltの対応機器がないわけで、USB2.0のUSB-HDDしか使えない。

あぁ、もうこうなってきたら、秋葉原でバルクなHDDとケースを買ってきて、それでいいだろう。

で、買ってきたのがWesternDigitalのCaviarGreen。容量が2.5TB。無駄に容量がある。しかし、2.5TBの容量がありながら、7000円を切っていたのがなんだか隔世の感。とりあえず、安いケースと一緒に買ってきた。

f:id:y_fudi:20110919173016j:image

その後、普通にUSB-HDDとして組み立てて、MacBook Airに挿して、HFS+のジャーナル付きでフォーマットしたら、TimeMachineでバックアップ先に選ぶことができたので、TimeMachineに後は任せておいた。

HITACHIのHDDを買ったらリテールパッケージだった。

社内の開発用マシンのHDDを交換することになったので、とりあえず、HITACHI製のドライブを買ってみた。

プチプチに包まれたバルクドライブが届くつもりで待っていたら、届いたのは、なんかもう「the リテールパッケージ」って感じの箱入のハードディスク。

HITACHIのDESKSTARリテールパッケージの外観

外箱には、ご丁寧にHITACHIのロゴまで入っていて、ちゃんと「inspire the next」って書いてあったけど…ここまでする意図はなんだろうという感じ。バルクドライブのまま流通させたほうが安そうだし、こういうところにお金をかけて値上げされても辛いというか、こういうところ値上げされると、他のベンダーのHDDを買いそうになるのは私だけだろうか。(…ところが、こんなしっかりしたパッケージのHITACHI製ドライブがむしろ安かったのはどういうことだろう…)また、外箱には中に入っているHDDの型番を書いていなかったので、HDD好きな人にとっては型番を選べないのも辛いかもしれない。

で、外箱を開けて、中のHDDを引っ張り出してみると、HDDが箱の中でしっかり動かないように梱包されていて、かさ張るけれども、まぁ、これはこれでいい感じ。

HITACHIのDESKSTARリテールパッケージの中

日本語で書かれた保証書が付いていた。お買い上げ日から3年間保証らしい。ただ、SeagateのRMAなんかと違って、HDDが保証期間内に故障したら、お買い上げ店に持ち込んで…ということになってるのが面倒くさそうだ。普通に、RMA方式でいいじゃないかと思うのだが…。

もとい。こんなしっかりしたパッケージとバルクドライブを併売するのもナンセンスだろうから、日立が保証を付けてリテールパッケージ売りを始めるということは、そっち方面にシフトしていくということだろうなぁ。…てか、いつから始めたんだろう(汗)

SeagateのHDDでRMAを使ってみた。

RMAってのは、Return Merchandise Authorizationの略らしく。要するに、SeagateのようなHDDメーカー自身が返品保証を付けて製品を流通させ、製品が故障するなどした場合に、ユーザーから直接HDDメーカーに返品することで代替製品を受け取れる…といった制度っぽい。ただ、Seagateの場合、返品する部分の輸送費はユーザーが負担しなくちゃいけないらしい。代替品の発送にかかる輸送費は負担してもらえる。

…で。

今回、社内のPCで使っていた「ST3500320AS」(ファームウェアバグで問題になったBarracuda 7200.11の500GB)は、ファームウェアの更新済みにも関わらず、使用開始から1年も経過していないのに(かつ、普通のPCの使い方しかしてないのに)に不良セクタ(代替処理済みセクタ、回復不能セクタ)が、かなりの数が発生していて、なんとなくこりゃまずそうだなと思い、交換用のHitachi(さすがに次もSeagateを選ぶ勇気はなかった)のドライブを買ってきて交換しておいた。

で、PCから外した、不安の残るBarracudaを捨てずに、RMAでSeagateに交換してもらうことにした次第。

まずは、Seagateのサイトで申し込み。トップページから「保証サービス」に飛んで、「ゲスト ユーザでドライブを返品する」に移動すると、返品するHDDのシリアルナンバーなどが聞かれるので入力し、保証が有効であることを確認。で、発送元の情報を入力すると、国内に送るか、シンガポール(…だったかな)に送るか選べるので、国内を選択。

で、私の場合は、SeagateのHDDを買ったときのブリスターパック(HDDを包むプラスチックケース)が置いてあったので、それで1段目の梱包とした。で、さらに、小さな段ボールに、ブリスターパック入りのBarracudaと、その周りに緩衝材を詰めて宅急便で返送完了。一応、RMA番号とSeagateのHDDが入っていることを品物欄に書いておいた。発送先は、成田にあるUPSの拠点っぽかった。

返送してしばらくは何の反応もなかったけれど、5日後にメールが届いた。タイトルは「Seagate RMS Receipt Acknowledgement」。どうやら、代替品をシンガポールから発送したっぽい。そのメールの中に、Tracking Numberが書いてあったのと、どうやらUPSで送られてくるらしいということで、UPSのサイトから代替品のHDDを追跡してみた。

UPSのサイトによれば

  1. シンガポール(出発)
  2. フィリピン(経由)
  3. 成田(到着)

という経路。「おお、本当に国際便だぁ」と、なぜかコーフンしてしまった(汗)

で、届いたのは、発送したときの小さな段ボールと比べると4倍くらいの大きさの段ボール。緩衝材も私が使ったような安物ではなくて、スポンジだった。でも、入ってるのはHDD一個。

f:id:y_fudi:20090709112600j:image

f:id:y_fudi:20090709112700j:image

で、届いた代替品をよく見てみると「Certified Repaired HDD」だった。うっかり新品を期待してしまったが、修理品とはいえ、きっと不良セクタがないドライブなんだから、まぁ、よしとしようかと(もともとバルクドライブで買ってるってのもあるし、HitachiだとRMA制度がないっぽいし。)

3ware 9650SEの先のHDDをsmartdに監視させてみた

とりあえず、9650SEの先は3つドライブが刺さっていて、smartdのヘルスチェックでこけたら、rootにメールを送るように設定してみた。/etc/smartd.confに以下の記述を追加。

/dev/twa0 -H -m root -d 3ware,0
/dev/twa0 -H -m root -d 3ware,1
/dev/twa0 -H -m root -d 3ware,2

…設定しおわって自己満足に浸っていたら、そもそもRAID Arrayは、3wareの3dmが監視していることに気がついて、あんまり意味ないじゃんってことで、orz。

« Older posts Newer posts »